国際結婚を真剣に考えている人が知っておきたいポイント

国際結婚という響きに踊らされるな

国際結婚をカッコいいとかオシャレとか思って憧れている人を多く見受けますが、結婚は単なるお飾りではなく、一生共に生きていく相手を得ることです。

 

 

国際結婚は一見するとカッコいいかもしれませんが、育った環境が違えば個人の感覚はまったく違ったものになってきます。

 

そんな違った者同士が結婚をし、共に生活をしていくにはいろいろな衝突も出てくるものです。

 

アメリカ人だからとかフランス人だからという国籍の縛りも結婚には関係の無いものだと思います。

 

大切なのはお互いがよく理解しあえるかということ。

 

理解するというのは言葉だけの問題ではありません。

 

例えば金銭感覚であったり、食の感覚であったり、マナーの基準であったり、センスの問題であったりします。

 

私が国際結婚をしたのはたまたま彼が外国人であったということであり、一緒にいて楽に暮らせる生活の観念が似ていたことです。

 

結婚するのは私と彼であり、外国籍と結婚するわけではないことをよく考えないと、相手の嫌な所が見えた時に許せなくなってしまい破綻するきっかけとなることもあります。

 

そういう点では日本人同士の結婚とそう違いは無いと思います。

 

結婚するにあたって、相手をどれだけ見えているかが重要なポイントになってきます